戸島の家気密測定

5月21日戸島の家気密測定行いました。その結果は、相当隙間面積C値は

なんと0.3㎠/㎡でした。この結果を見て一安心しました。目標は0.5以下と思ってましたが内心は0.3は目指してました。なので気密処理したかいがありました。よかったー

気密測定はこんな感じでしますが、実際に気密取るなら引き違いのサッシを少なく、断熱材をウレタンの吹付でするなら簡単に取れますが?

今回は。

天井壁はデコスドライ工法のセルロースファイバーの充填断熱材を使用してます。当社標準仕様、サッシトリプルガラスアルゴンガスいり。

セルロースファイバーの場合中々気密が取れない中、今回、壁は面材を貼り付けてます。その分もだいぶ良かったみたいです。サッシは樹脂の引き違いが5か所に、玄関が引き戸でしたが0.3㎠/㎡で凄いと思いました。

断熱性能はUA値は0.31だったのでいいとしても気密が悪ければ駄目です。両方の数値が大事なんです。そして快適さも求めてますので私はセルロースファイバーにこだわっております。皆様の住む家が快適で健康になるような住まいを今後も造り続けていきます。

そして、今後も全棟気密測定していきます。

今回、大工さんはじめ、電気工事業者さん、マイライフさん、ご協力頂き誠にありがとうございました。そして、気密測定して頂きました青柳さんありがとうございました。

コメントは利用できません。

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせフォーム